にんにく卵黄 黒の力

黒にんにく卵黄は毎日の体調管理にお薦めの食品 やわた黒の力

船越栄一郎 おすすめ!

 

臭わない黒にんにく卵黄の働きってスゴイ!やわた 黒の力で身体はぽっかぽか

 



 

にんにくという野菜は非常に体に良い野菜であるとの認識はどなたも共通ではないでしょうか?
では、そのニンニク効果が出るのか?
やはり、その成分がほかの野菜とは大きく異なることにあります。

 

にんにくの成分には次のものが含まれます。

 

1.アリイン

 

  生にんにくに含まれる非タンパク性アミノ酸
  肝臓での脂肪代謝を高め、脂肪燃焼効率や、糖質代謝に必要なビタミンB1の吸収を促進します。

 

2.アリシン

 

  生にんにくに含まれる独特な香りの硫黄化合物で、にんにく臭の素となります。
  強力な殺菌・抗カビ作用があります。

 

3.アリチアミン

 

  アリシンとビタミンB1が結びついて形成される物質です。
  アリチアミンとなることで体内での損失が少なくなり、吸収性が良くなります。
  吸収されたアリチアミンは、体内で再びビタミンB1とアリシンに分離され、
  肝臓に蓄えられたビタミンB1が糖をエネルギーに変えるため、スタミナが
  得られます。

 

4.アリイナーゼ

 

  生にんにくに含まれる酵素で、切ったり摺ったりした時に細胞が破壊されると、貯蔵細胞から
  出てきて周囲のアリインに作用し、アリシンの合成を行います。

 

5.メチルアリルトリスルフィド

 

  にんにくのスルフィド類の一つで、血小板の凝固を抑制する作用があります。
  血小板血栓に起因する脳卒中や心筋梗塞、動脈硬化を予防する効果が期待されます。

 

他にも、にんにくは、野菜としては珍しく、豊富な植物性のタンパク質を含んでいる事もあり、
お肌ツルツル効果も併せて期待されます。

 

更にこのにんにくを熱醗酵させた黒にんにくは、臭いの原因である硫黄化合物が除去され、
食後の臭いが気にならない食品へ生まれ変わります。
これは、臭いの成分が「S-アリルシステイン」という物質に変わったために得られる効果です。
つまり、いつ食べても臭いを気にしなくて良いんです!
S-アリルシステインはポリフェノールの一種で、コレステロールの低下や、抗酸化作用があります。

 

黒にんにく製造

 

この黒にんにくに卵黄油を添加した「にんにく卵黄」は、栄養バランスから見ても
まさに理想の食品と言えるでしょう。
暑い季節は夏バテの予防とスタミナ維持に、冬は身体を温めるお野菜として、年間を通して
お召し上がり頂きたい食品です。
やわたの「黒の力」は、高品質のにんにくをじっくり時間をかけて熱発酵した安心の黒にんにく
サプリメントです。
プルーンの様な甘酸っぱい味わいを、安心してお召し上がりください。

 

理想の黒にんにくサプリメントはこちらからご体験ください!

 

臭わない発酵黒にんにくの成分

にんにくを熟成・発酵させることで、臭いの元となる
「硫黄化合物」が減少しますので、ニンニク特有の
臭いが殆ど無くなります。
味も生ニンニクと比べて刺激のない甘酸っぱい、ドライ
フルーツの様な味になります。

 

熟成させて黒くなった黒ニンニクには、「S-アリルシステイン」
という水溶性アミノ酸の成分が生成されます。
これには強力な抗酸化作用があり、その力は生ニンニクの
約10倍と言われています。

 

同じ材料にも関わらず、発酵させるともの凄いパワーを
秘めるのがニンニクです。

 

にんにくを発酵させ、黒ニンニクにすることによって
得られた「S-アリルシステイン」のもつ大きな抗酸化
力は、活性酸素の除去に有効であり、動脈硬化の予防
や改善、悪玉コレステロール減少などの作用をもたらし
ます。

 

黒にんにく

 

先にも書きましたが、黒ニンニクは発酵させることに
よって臭いの成分が非常に少なくなっていますので、
食べても臭いが気になりません。

 

朝、お出かけ前でも、疲れを感じた夕方でも、お好きな
時にお召し上がりいただけます。
また、ニンニクはスタミナ維持に働くため、夏の食品
というイメージがありますが、実は身体を温める野菜なのです。
ですから、しかも野菜にしては珍しく、「タンパク質」を
含んでいるので、乾燥の季節にもお肌はツルツル!
冬にこそ召し上がっていただきたい食材なのです。

 

今日から健康のために、体調管理のために、黒にんにく卵黄
を始めてみませんか?

 

 

最強の健康食品「黒にんにく」の成分は・・・

 

 

「にんにく」と言えば真っ先に何を思い浮かべますか?
殆どの人が「臭い」ではないでしょうか?

 

確かに間違ってはいません。
しかし、その臭い成分が体に良いこともまた確かな事です。

 

そして、にんにくを食べている最中は「匂い」や「香り」なのですが、
時間が経つと「臭い」に変わるのが問題なのです。

 

せっかくの美味しくて身体に良いにんにくも、この臭い
のために敬遠している方がいらっしゃいますが、臭わない
にんにくがあるとしたら?しかも、その有効成分が数倍に
なっているとしたら?

 

皆さんは喜んで食べたくなりませんか?

 

先ず、生のにんにくには「アリイン」という無味無臭の
物質が含まれており、コレが空気中の酸素と触れると、
同じくにんにくに含まれている「アリナーゼ」という
酵素の働きによって「アリシン」という硫黄化合物に
変わります。

 

コレがにんにくの臭いの素であり、最大の有効成分でも
あるのです。

 

黒にんにくは、この生にんにくを熱発酵させることにより
「アリシン」を「S-アリルシステイン」という、臭わない
別の有効成分に変えています。

 

このため、にんにく臭が全く気にならないほか、アミノ酸
ミネラル、ポリフェノール
などの有効成分も、数倍〜
数十倍に増加しています。