神の草 ヒュウガトウキ

最近話題のヒュウガトウキ(日向当帰)

神の草とも言われている「ヒュウガトウキ」宮崎県の高千穂で
古くから飲用されていた薬草ですが、その効能ってどんなでしょう?

 

今までの臨床試験から、効果・効能として認められているものは

 

・免疫力増強
・抗がん作用
・肝障害改善
・性機能改善
・アレルギー改善
・糖尿病改善
・高血圧改善
・血行促進
・抗酸化作用

 

昔は民間療法の一つでしたが、ヒュウガトウキの「根」は今では
厚生労働省により、薬効が認められた「医薬品」として生薬リスト
に掲載されています。

 

 

そんな素晴らしいヒュウガトウキは、お茶やサプリとして摂取できるように
なりました。

 

リンク集

最近話題のヒュウガトウキ(日向当帰)記事一覧

先進国最低の食料自給率であっても、飽食の時代と言われ続ける不思議な国「日本」、それはおそらく輸入食材も含めた「量」の面だけでしょう。「質」の面においては、「微量栄養素」というものが不足していると言われ続けています。微量栄養素とは、タンパク質・脂肪・炭水化物の多量栄養素がエネルギーに代わるために代謝酵素に働くもので、微量ですが私たちの身体に必要な栄養素です。ビタミンやミネラルがこの微量栄養素にあたり...

ヒュウガトウキが効能として認められているものに・免疫力増強・抗がん作用・肝障害改善・性機能改善・アレルギー改善・糖尿病改善・高血圧改善・血行促進・抗酸化作用があります。この様に見ると、万能薬のように思えますが、気を付けなればならないことがあります。それは「腎臓」について挙がっていないことです。ヒュウガトウキには、糖尿病の改善効果のほかに、塩分の排出効果があります。腎臓病の方は塩分の摂取を制限されて...