ヒュウガトウキ 栄養 成分

ヒュウガトウキの栄養成分

先進国最低の食料自給率であっても、飽食の時代と言われ続ける
不思議な国「日本」、それはおそらく輸入食材も含めた「量」の面だけでしょう。

 

「質」の面においては、「微量栄養素」というものが不足している
と言われ続けています。
微量栄養素とは、タンパク質・脂肪・炭水化物の多量栄養素がエネルギーに
代わるために代謝酵素に働くもので、微量ですが私たちの身体に必要な栄養素です。

 

ビタミンやミネラルがこの微量栄養素にあたります。

 

そんな中、「神の草」とも言われる「ヒュウガトウキ」に含まれる
栄養素について挙げてみたいと思います。(乾燥100gあたり)

 

ビタミン類

 

 ビタミンA   約3,300μg(α-カロテン・β-カロテン・レチノール等)
 ビタミンB1   0.03mg
 ビタミンB2   0.59mg
 ビタミンB6   0.46mg
 ビタミンB12  0.29μg
 ビタミンC     2mg
 ビタミンE   18.4μg(α・β・γ・δ各トコフェロール)
 ビタミンK   890μg
 ナイアシン   4.4mg
 葉酸      51μg
パントテン酸  0.83mg

 

ミネラル類

 

 ナトリウム    2mg
 カリウム     2,500mg
 カルシウム   1,900mg
 マグネシウム   130mg
 リン      200mg
 鉄        50.4mg
 亜鉛      3.0mg
 銅        0.79mg
 珪素      2,040ppm
 セレン      0.03ppm

 

その他

 

 有機化合物 YN-1
 水分       3.4g
 タンパク質   11.1g
 脂質       5.2g
 炭水化物    70.3g
 灰分       10.0g

 

 

このように「微量栄養素」を数多く含んでいるヒュウガトウキですが、
特にカルシウムは、日本人に不足している唯一の栄養素とも言われる
もので、ヒュウガトウキで効率よく摂取していただけます。

 

また、有機化合物 YN-1は未解明の部分が多い成分ですか、この成分が
昔からヒュウガトウキが珍重されてきた理由ではないかと言われています。

 

 




 




トップページへ

 

リンク集

関連ページ

ヒュウガトウキの注意点
ヒュウガトウキも薬効成分が謳われている植物であることから、副作用などの注意するべき点があります。 特に慢性的な持病をお持ちの方は、その内容に応じた注意が必要です。